慰謝料の算出方法

慰謝料を算出するためには、いくつかの場合分けが必要になります。まずは障害慰謝料と後遺障害慰謝料の2通りです。そして、先述の自賠責保険・任意保険・弁護士基準の3つに当てはめるケースがあります。特に自賠責保険と弁護士基準については、保険会社によってばらつきなどもなく統一されています。それでは、具体的なケースに絞って紹介していきましょう。

まず、傷害事故の際に、通院をする際には、いくらの保証をもらえるでしょうか。自賠責保険基準では、1日につき4200円の保証が上限になります。それに対して弁護士基準の場合は、けがの度合いで軽症・重症に分けてからそれにかかった費用を計算します。また、その通院している期間が長くなる場合、慰謝料の金額もそれに応じてアップするのです。こういった部分は自賠責保険基準や任意保険基準には見受けられないため、金額が高額になりがちなのです。

また後遺障害慰謝料についても、かなり金額に開きが出てきています。一番低い14級の後遺障害について、自賠責保険が32万円であることにたいして、弁護士基準では、110万円と3倍以上の開きがあるのです。等級がアップし続けると金額の開きは大きくなります。1級の場合では、1700万円もの差があり、驚きのものだといえるでしょう。