慰謝料の請求方法

人身事故では、その慰謝料や過失を定めるために示談交渉をする必要があります。その示談交渉は、通院ののちです。交通事故による被害がわかり、その症状がこういったものだと決まった日から始めるのです。任意保険会社に加入している場合は、その保険会社から通院に関する金額をはじめとして、精神的な苦痛であったり、そのほかに被害を被った金額を総合的に算出したものを提示されます。それに納得ができる金額であった場合、示談書に捺印・署名を押せば終了になります。

しかし、それだけでは補いきれないと思うケースも多々あるのが、人身事故です。ましてや、任意保険や自賠責保険は、かなり必要最低限のものであるため、適正な金額だと感じられないかもしれません。

そこで、交通事故被害を弁護士へ相談し、依頼することでより高額な慰謝料をもらえる可能性がアップします。自分一人だと、保険会社の渉外担当にちゃんと伝えることも難しいです。相手は法律を熟知しており、それに対応できるのは同じく法律のプロフェッショナルです。弁護士ならばその点、全く問題がなく、手続きや交渉を任せることができるでしょう。法律に関するアドバイスもしてくれるため、今後の対応にも役立てることができるでしょう。