慰謝料の基準

慰謝料の金額は、迅速かつ公正に人身事故が解決されるように、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準という3つの基準によって決められます。

自賠責保険については、車を持っている人には加入が義務付けられているものです。これは、もし事故が発生した際に、必要最低限の保証はしてくれるという目的のもとに作られた保険になります。そのため、慰謝料は支払われますが、ある程度の実費でしかなく、それだけで賄えることは少ないと考えたほうが良いでしょう。

そのために任意保険に加入している人がいるのです。任意保険については、人によっては加入していないものですが、ほとんどの人が持っているものだと思われます。自動車保険という名前のほうがなじみもあるかもしれません。こちらは、自賠責とセットのような存在で、自賠責で支払いきれなかった金額を保証するためのものです。

そして、弁護士基準ですが、これはもっと適正な金額に近づけるためのものです。かなり金額は跳ね上がります。ただし、被害者としては客観的な数字のため、それくらいもらっても十分だと考えても差しさわりはないでしょう。被害者として、きちんとした金額をいただきたいのならば、弁護士に依頼することも検討してみると良いでしょう。